アル・アンダルス

1983年の運行開始以来、世界の豪華列車の1つと考えられてきたアル・アンダルス。”オリエント・エキスプレス”から着想を得て当初は“アル・アンダルス・エキスプレス”の名で運行していました。5両の豪華な寝台車はその昔、英王室が避暑でカレーからコート・ダ・ジュールまで移動するために1929年にフランスで製造されました。その後RENFEが主催したコンテストを経て、“アル・アンダルス“と改名し細かなところまで復元、2012年に運行を再開しました。
車内はベル・エポック様式の家具でデザイン・装飾されています。収容人数は64名、エアコンとヒーターが完備された15両編成です。オリエント・エキスプレスのような他の豪華列車と異なる点は豪勢な列車旅行だけでなく、ガイド付き観光、カルチャー/ネイチャーアクティビティ、美食文化の試飲食と個人の自由時間が完全にプログラム化されていることです。
コースは5泊6日から6泊7日の旅程で構成されています。昼間にはスペイン国内最大級のセビリア大聖堂観光、シェリー酒の醸造場見学。そして夜にはドレスアップして車内で優雅なディナーをお楽しみいただけます。アラビアの雰囲気ただようスペインの真髄、グラナダ、コルドバ、セビリアが最も魅力ある停車地です。
繊細かつ優美な伝説の残る豪華なご旅行にご招待いたします。

スケジュール

アル・アンダルスの スケジュール はこちら

スケジュールへ

コース内容 ※一部紹介

【5泊6日:セビリア → サフラ → メリダ → カセレス → モンフラゲ → トリーホス → トレド → アランフェス → マドリード】

ローマ帝国時代に建設された奇跡の水道橋、世界遺産登録されている保存状態の良いプロセルピナ貯水池やカセレスを訪れる本コースは、現在の生活からしばし離れて紀元前の世界へと導きます。他にもイベリコ豚の農場、美しい王宮と広大な庭園訪問も旅程に組み込まれています。

【6泊7日:セビリア → ヘレス → カディス → ロンダ → グラナダ → リナレース → バレサ → コルドバ → セビリア】

5日目にはスペイン国内で最も訪れる人が多いアルハンブラ宮殿へ足を運び、昼食後には市内散策に自由時間を費やします。翌日にはバスで世界遺産登録されているウベダとバエサに行きます。保存状態の良好なルネサンス様式の建造物が醸し出す雰囲気はイタリアに居るような錯覚を引き起こします。

クラス別サービス内容

スタンダードスイート

お食事(3食)、ウェルカムドリンク&スナック、最終日のパーティー、アメニティセット、ミネラルウォーター、美術館・歴史的建造物の入場料金、観光バスの乗車、新聞・雑誌

車内アクティビティー
生演奏、車内パブ・バーでのパーティー、クッキングショー、ダンス

スーペリアスイート

お食事(3食)、ウェルカムドリンク&スナック、最終日のパーティー、アメニティセット、ミネラルウォーター、美術館・歴史的建造物の入場料金、旅程内の訪問見学、観光バスの乗車、新聞・雑誌
コンパートメント内でのお食事が可能、ミニバーにてノンアルコールサービス、荷物のポーターサービス

車内アクティビティー
生演奏、車内パブ・バーでのパーティー、クッキングショー、ダンス

料金

 

料金表はこちらをご参照ください。

 

スケジュール・予約方法など詳細につきましては、「お問い合せフォーム」もしくはお電話にてお問い合せください。

お問合せフォームはこちら

◆マックスビスタトラベル電話番号 03-3780-0468(平日10:00~17:30/土曜 16:30まで日祝お休み)

ページトップに戻る